桃乃カナコ
桃乃カナコ
プロフィール

大学保育科を卒業後、保育園に勤務しながら、バンドでインディーズデビュー。名古屋を拠点に、東京・大阪・長野・静岡でライブ活動を行う。バンド解散後はkanakoとしてソロ活動開始、路上を中心にライブを行う。名古屋クラブクアトロで開催されたイベント「Fell Free vol.3」にて準優勝。毎日、保育園で子どもたちと触れ合う中で、保育士目線の楽曲を書き始める。保育雑誌ラポム「ラポム大賞」にて「ゆびきり」が賞を受賞。

そして、2014年保育士シンガーソングライターとして、本格的に活動を開始し、桃乃カナコと改名。
12月20日に1stシングル「いつか、またあえる」をリリース。レコ発ワンマンライブを小牧市「Pain Bell」で開催し100名ソールドアウト。その後はイベント、ショッピングモール、インストアなどライブを精力的にこなしながら、2015年8月26日に1stアルバム「MY LUNCH BOX」を全国リリース。同月レコ発ワンマンライブを春日井市「ond」で開催し100名ソールドアウト。11月にパネルシアターソング「星空のスーパーマーケット」を配信限定リリース。12月に春日井市文化フォーラムにてワンマンイベント「ファミリーコンサート」を開催し300名ソールドアウト。同月に小牧市「こども・夢チャレンジ」の歌手編でこどもの夢を応援者として楽曲提供、映像出演をする。エアポートウォーク名古屋、小牧コロナ他で上映中。

愛知・東京・大阪をはじめ、全国の保育園・幼稚園で桃乃カナコの楽曲が使用されている。

保育士シンガーソングライターとしての活動以外にも、ボーカリストとして関西CM「ミクちゃんガイア」・東京名物油そば・すためし 店舗用CM ・FM岡山76.3ジングル曲・福岡「魔法学園アヴァロン」店舗用CM ・au携帯向けゲーム挿入歌・広島CM「リッチナビ」等、多数の企業様楽曲のボーカルをおこなう。

現役保育士として働きながら、子育て中のママを応援する歌を届けるため精力的に活動中。